« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

夜桜乱舞

夜桜乱舞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気工事

電気工事

ただいま夜の10時ですが、店の蛍光灯を増やす工事を一人でやっています。

開店中はできませんし、早朝にやればよいのですが、夕飯でビールを飲んでやる気になってしまいました。でもはしごに登るとフラフラして危険かもしれません。

工事というほどのものではありませんが、夜にこうして一人で店を見てみると、なんとなく昼間とは違った感じです。
もっともっと、お客様によい様に改装したいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山形セレクション米

山形セレクション米

先日、山形・鮭川村に訪問した際、山形を代表する農産物、食品を認定する「山形セレクション」に鮭川米も認定され、これから出荷する米はセレクション米になりますよ~、と聞いていました。

これは、農薬や化学肥料を減らして栽培し、1.95ミリという大きな目のふるいで選別する、ということに加えて、「食味計での食味値が80点以上」という条件が加わります。

ふるいまではクリアできても、食味計というハードルがけっこう大変だったようで、認定を受けられなかった生産者がかなりあったそうです。

今日入荷した鮭川村はえぬきに、その証明であるシール(真ん中にある、Aが四つついたもの)がしっかりと貼ってありました。

生産者の名前を見ると、会長の八鍬修一さん、梅津保之介さんのものでした。

生産者さんの苦労を背中に感じて、一生けんめい販売し、お客様に喜んでもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

模様替え

模様替え

10数年ぶり?に店の模様替えをしています。

とりあえず、レジを店内の反対側に移しているのですが、お金をかけずに手作りしてみようかとチャレンジしています。
レジカウンターも、40年くらい使っている木の机に、大工さんに作ってもらった枠をかぶせて使っているのですが新しいカウンターを作る前に、これを改良して使ってみてから、新しいのを作ろうと計画中。

もちろん、よりお客様に便利なようにと思って、荷物を置く台やお釣りを置く台の高さや大きさ、場所など工夫するのですが、とても難しい事に気がつきました。

市販品のレジカウンターの高さは大体90センチです。当店にあるのもこの高さです。軽い商品ならこの高さでもいいのですが、米は重たいのであまり高いとよっこらしょといった感じになってしまいます。

かといって、低いと前かがみになってしまい、お金を出す時になんとなく出しづらくなってしまいます。

スーパーなどのポスレジなどは、かごに商品を入れる前提ですので、やや低いです。どれくらいがいいんでしょうか。悩みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チューリップの異変

チューリップの異変

春も近づき、秋に植えたチューリップの球根が、いよいよ咲く頃となりました。

が。

とっても背が低いんです。

茎の長さが5センチくらいなのに
花が咲いてます。

この球根は、秋にお客様にスタンプとの交換品としてお渡ししたものの残りです。毎年楽しみにしてくださっているお客様もあり、間違って「ミニチューリップ(こんなのあるの?)」の球根が混ざっていたのでは?と思い、仕入先の園芸店に問い合わせてみると、

「2月の暖かさでつぼみは早く育ったものの、ここへ来ての寒さで茎が伸びていないのだと思います」

そうなんだー、と思い、近所のお宅を見ていても、確かにみんなこんな感じです。暖かくなれば茎も伸びるようですが、なんだかかわいそうな感じもします。

まあ、風が吹いても折れにくそうだから、良しとしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生祝米

誕生祝米

北九州の米屋の大先輩から、贈り物が届きました。

以前誕生祝米の記事を書きましたが、「こんな風にしたら」ということで、アイデアをいただいたのです。

外は不織布の風呂敷です。紙袋に入れるより、高級感ありますね。

箱は市販のクラフトボックスです。5㎏の袋でしたが、ほとんどが3㎏前後の赤ちゃんが多いので、このサイズだと少し大きいかもしれませんが、5千円となるとある程度大きさがないと、値打ち感がないし、もう1品入れるとすればこのくらいがいいのでしょう。

それで、中身は「おくるみ」状態のお米です。
これは不織布でくるんでありましたが、未晒しのシンプルなタオルとかでも応用がききますね。でも上手にきれいに包むのは、やはり試行錯誤が必要そうです。

この「誕生祝米」、真似しようと思えば、誰だって真似できるのですが、一種のブームになって、米が注目されるならそれもいいな、と思います。バレンタインデーのチョコみたいに。

先日、山形の銀山温泉で「赤ちゃんと同じ体重・身長のこけしを作ります」というこけし屋さんがあって、ビックリしました。価格は2~3万円してましたが、価値を感じる人もいるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の鮭川村へ

Yone

昨日からの雪で、鮭川も一面の銀世界です。これは「米(よね)」地区を高台から見下ろした風景で、真ん中を流れるのが鮭川です。雪景色を期待してきた私たちにとって、この雪は本当にすばらしいプレゼントでした。

鮭川の横山さん

意見交換会が終わった後の交流会で、生産者の横山さんと。
この方は、話すと本当にオモロイ人ですが、米作りにかけては人一倍まじめです。今日は昼間ということで、お酒が入らなかったのが少々残念です。(以前は車で来た人も、少し飲んでいたような気がするのですが、さすがの鮭川も変わりました・・・)

でも、生産者と米屋という関係で、本音で言いたい事を言えるのは、あまり無いです。今後もこういった関係を大事にしていきたいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀山温泉

銀山温泉

秘湯で有名な「銀山温泉」に行ってきました。
今回は、神奈川県の米屋さんグループ「すこやか会」の皆さんと静岡の「ゆうき会」とでの山形・鮭川村訪問の中で、ぜひ1度泊まってみようということになりました。

勉強不足のため、NHKのドラマ「おしん」の中で、おしんのお母さんが芸者として働いていたということしか知らなかったのですが、古くから湯治場としての歴史があり、また大正時代の古い建物を生かした街並と、花笠温度発祥の地という、知る人ぞ知る場所だと、今回初めて知りました。

今年は暖冬のため、2日前までほとんど雪の無い状況だったのが、昨日からの寒波によってかなり雪が降り、すばらしい雪景色となりました。
宿泊する旅館以外はお土産物屋なども数店しかなく、ひっそりとしていて、川の流れる音だけが谷間にひびいている、とても素晴らしいところでした。

泊まったのは「能登屋」という旅館で、大正時代の建物は大変風情があり、女将の話や働く方々のおもてなしの気持ちがとても温かく、とても満足でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

農業機械展示会

山形県天童市で開かれている、山形農協主催の「農業機械展示会」をのぞいて来ました。

精米機などの展示会は何度か行きましたが、農業機械は初めてです。今回は、山本製作所というメーカーの新しい小型精米機が展示されていると言う事で訪問。

Seimaiki

思ったよりも音が静かで、整備もしやすく良い感じでした。機械の中に米が残らない事、白さもかなり細かく設定できるそうで、これは米屋さんばかりでなく、直接消費者に販売するような農家にもよく売れるだろうと思います。(実際、そういう方を対象にするため出店しているわけですが)

ひと口に農業機械と言っても、トラクターやコンバインなどの見慣れた機械ばかりでなく、見たこともないような機械があって、楽しかったです。
乗用芝刈り機なんて、小型バギーみたいですし、果樹園用の農薬散布車なんて、SFに出てくるロケットカーみたいな外観です。単純に見ているだけでも楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三和のひなまつりイベント開催!


今日は、新潟・三和から生産者の方を招いて「三和のひなまつりイベント」を開催しました。

昨年から三和の方々のご協力もあって実現した、このイベント。今年は奥様方のご協力により、三和の郷土料理であるおぼろ豆腐のっぺ汁を作って持ってきていただきました。なんとも具だくさんで、美味しいという声が多く、大好評でした。

他にも揚げたて熱々のひなあられを食べてもらったり、お漬物や特産品の試食販売も大好評。新潟名物笹団子もは仕入れた200個余りが早々に完売。1合マスでの量り売りも長い行列が出来ました。

今日は地元町内のこども会行事や駿府マラソンとも重なり、お客様が来てくれるか心配でしたが、天気も良くて昨年を大きく上回る人出でした。

Sanwamaturi

三和の人たちの全面的な協力で実現したこのイベント。またチャンスがあれば、知恵をしぼって開催したいです。
ご来店いただき、ありがとうございました。

また、ご協力をいただいた三和の方々にも感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜

駅南の大浜通り沿いにある桜が、ほぼ満開です。他の桜よりも早く、この時期に咲くのはやはり河津桜なんだろうか?さいている期間もけっこう長いんですよね。

私は勝手に三坂屋さん(隣にある和菓子屋さん)の桜と呼んでいましたが、正しくは中村町の梅原さん宅にある桜です。ライトアップなんかされたりしていて、いいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »