« ヌカそうじ | トップページ | 車座討論会 »

吉野屋 安部社長

吉野屋安部社長

今日は商業界のゼミで熱海後楽園ホテルに来ています。

BSEによる米国産牛肉の輸入禁止から3年、ようやく牛丼の再開となった吉野家の「危機対応」についての話でした。

対応の内容は、発表後1週間、3ヶ月、半年とそれ以降という3段階に分けて、どう対応してきたかというないようです。

03年12月24日の早朝、輸入禁止の発表があってから急いで会社に車で行くまでの40分間に、牛肉の在庫を調べて2ヶ月ほどしかもたないことを確認。
会社に幹部が集まった時点で
・現状ある牛肉の在庫が無くなったら牛丼の発売を中止すること
・店は休業せずに営業を続けること
を決定し、それをもとに対応策を決め、全国の店長、フランチャイジー、そしてマスコミへの対応策の発表などを年内に行ったという話です。

そして、全ての判断は、場当たり的な判断ではなく、あくまでも輸入が再開されて平常どおりに戻った時に吉野家がどうあるかをイメージしつつ判断をしたという安倍社長の話は、すばらしいと思いました。

|

« ヌカそうじ | トップページ | 車座討論会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38065/13813277

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野屋 安部社長:

« ヌカそうじ | トップページ | 車座討論会 »