« 神代訪問その1~紙風船寄書 | トップページ | ヌカそうじ »

神代訪問その2~紙風船館にて

西木の紙風船

今日は、紙風船を打ち上げる、西木の会場へ。

川沿いの広いグランドのような会場では、1ヵ月後の開催準備のため、会場内をパワーショベルが雪を踏み固めておりました。

会場の横には「紙風船館」という新しい建物があり、そこには市役所の担当者が常駐しています。建物内に体育館のようなスペースがあり、製作途中の紙風船が壁に掛かっていました。

昨日書いたじゃんご米の紙風船も壁から垂らしてもらい、大きさを見させてもらいました。

打ち上げイベントは派手な音楽やアナウンスも無く、しんしんと雪の夜空に紙風船が舞っていくという幻想的なものだそうです。打ち上げた紙風船がどうなるのか?というと、多くは山の中に落ちるので、針金のような材料は一切使用していないそうです。風の具合では、岩手県の近くまで飛んでいく事もあるそうです。


|

« 神代訪問その1~紙風船寄書 | トップページ | ヌカそうじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神代訪問その2~紙風船館にて:

« 神代訪問その1~紙風船寄書 | トップページ | ヌカそうじ »