« 誕生祝米の誕生秘話4 | トップページ | おたふく »

鳶(とび)

鳶

自宅の部屋替えのため、離れと本宅(というほど豪勢なものではないのですが)の2階同士をつなげる足場を組みました。

最初はフォークリフトでパレットを持ち上げれば、と考えていましたが、不安定で無理があり、結局足場の鉄管をつなぐことになりました。

建設現場でおなじみの足場ですが、これ、設計するにも結構頭を使います。「材料を少なく、丈夫に」作るのは、大変です。5メートルの単管は、それだけで20k以上の重さがあって、立てるだけでも大変。親父と二人で2時間ほどあーでもない、こーでもないと組みなおしたりして、なんとかそれらしく出来ました。

地上から3メートルほどですが、下を見るとけっこう恐怖感があります。建設現場で鳶職人が一番格が高いそうですが、体だけでなく、頭も使う、この作業をやってみて、なんとなくわかるような気がしました。

|

« 誕生祝米の誕生秘話4 | トップページ | おたふく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳶(とび):

« 誕生祝米の誕生秘話4 | トップページ | おたふく »