« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

めくらもち

めくらもち
先日仕入れた山形県産のもち米を精米しました。

もち米は、普段食べる「うるち米」と違い、透き通っていない、真っ白な米粒というのはご存知の通りです。これは最初から真っ白なのではなく、稲刈をして、水分を飛ばして乾燥させる段階で真っ白になります。(これを専門用語で”はぜる”と言います)。

でも新米の時期、乾燥が不十分なため、うるち米のような米粒と、そうでない真っ白になった米粒とが混ざった状態のもち米が時々出るのです。これを「めくらもち」と呼んでいます。(放送禁止用語になっているので言いにくいのですが)。眼をつぶっていればわからない、といった意味でしょうか。確かにお赤飯や餅にするにはまったく問題ありませんし、水分がある分かえって柔らかいくらいです。

 見た目が悪いので普通、米屋では敬遠しますが、わざとお客様とのコミュニケーションのため?にまだらのもち米を販売してます(笑)。精米する熱でもかなり白くなるので、しばらくは販売してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スンプレンジャー


子供の通っているアソカ幼稚園でお祭りがあり、そこでかの有名?な「スンプレンジャー」のショーがありました。
ウワサはいろいろ聞いていましたが、生で見るのは初めてだったので、面白く聞かせてもらいました。子供たちも最初は大きな音にびっくりしていましたが、最後のほうはノリノリで躍ってました。
プロフィールを見ればほぼ同年代、熱い人たちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいべっさん

おいべっさん

静岡市内の西宮神社でのえびす講、通称「おいべっさん」です。なかなかの人出で、中に入るまでけっこう並びました。こういうところがにぎやかなのは、景気が良い証拠ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六代目来店


商業界の地方ゼミの後、一緒に参加していた東京・麻布の名店、うなぎの野田岩六代目、K氏が立ち寄ってくれました。1日に使う米の量が、夏は100kgというから、スゴイ量です。単純に一人100gとして千人分、それを全て手で研いでいるというから恐れ入ります。
あの野田岩では、天然の手に入らない時期には静岡・焼津の業者から養殖うなぎを仕入れているそう。浜名湖でなく焼津と言うのが、なんだか嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商業界森嶋氏の講演

商業界森嶋氏の講演

商業界地方ゼミで、お漬物の森嶋さんの講演、「商売十訓」解説を聞いています。プロジェクターが使えず、パソコンの画面を覗き込みながら、とても距離の近い講義を聴いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静岡おでん


収穫祭が終わったあと、秋田神代の方々とお疲れさん会で静岡のおでん街へ行きました。街の中でも「静岡おでんまつり」というイベントをやっており、おでん街もかなり混んでいました。老舗の「愛ちゃん」に入りましたが、おかあさんの楽しいトークは相変わらずでした。こちらのご夫妻は当店の近所にお住まいがあって、油揚げに入ったお餅も当店でお買上いただいてるお得意さんです。
キリンビールのCMでも有名になりつつある、静岡おでん。近所の駄菓子屋さんのおでんも捨てがたいのですが、最近店を閉めるところが多くなって、寂しいです。このブームで復活しないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三和特別栽培コシヒカリ入荷

三和特別栽培コシヒカリ入荷
じゃんご米に続いて、三和から特別栽培米のコシヒカリが入荷。今回は大西の武田儀一さんとグリーンファーム窪のものが着ました。食味計で計測しましたが、タンパクが抜群に低く、点数も良いです。心配した胴割れ(米粒にヒビが入った状態)もそれほどではなく、よかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゃんご米の新米入荷

じゃんご米の新米入荷
秋田のじゃんご米、新米が入荷しました。今年は入荷が少し遅れているようなので、今週末に行う神代収穫祭に間に合うか心配でした。おいしそうな粒で、ひとまず安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »