« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

お米券

20050831_2232_000.jpgお客様からご葬儀の返礼に、お米券のご注文をたくさんいただきました。お米券は、ビール券や百貨店の商品券と違って、使わない(使えない)人がほとんどないので、お祝いやお見舞いの返礼によくご利用いただいています。
金額が1枚595円と、少々ハンパなのですが、予算に応じて枚数を調整できるので便利です。

 今回は数が多かったので、箱や包装の手配、包装に従業員総出でやりました。単純に一人でやれば6時間かかる計算でしたが、なんとか納期に間に合いほっとしてます。

 亡くなったのは父の友人のご主人だったので、葬儀に参列して当店にも一組帰ってきました。
 さて、これをどうしようか悩みます。

・他の米屋・スーパーで、試食調査用の米を買う
・金券屋で現金に買える
・当店の品を買って売上を上げる

くだらないことで悩んでもしょうがないので、このへんにしときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いたずら電話

商売をやっていて、またフリーダイヤルなんぞ設定していますと
営業、勧誘、まちがいなど、いろんな電話がかかってきます。

本日のお昼過ぎにかかってきた電話です。
ナンバーディスプレイは077と関西方面。
番号は非通知ではないからイタズラではないな?
まちがいかな?と思いつつも「お米のみうらです!」と出ると、
受話器の先は、小学生くらいの男の子の声。

小学生「みうらさんは米屋さんか。」
私「はい、そうですが」
小学生「米、注文したいんやけど」
私(けげんそうに)「ありがとうございます。お客様の住所とお名前をお願いします」
小学生「なんや、それが客に対する態度か!」

ガチャン ツー ツー

いやー、なんだか悲しい気持ちになりました。
夏休みが終わるんで、宿題に追われ、ストレスがたまってるのか?

ちょっと寂しい夏の午後でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲刈間近の三和

blog0508_009来月の10、11日に予定してる、三和いなか体験ツアーの打ち合わせに、片山米店さんと新潟県まで日帰りで行ってきました。
 稲は、穂を立派にみのらせていて、重そうに垂れてきています。今年は気温、日照などの条件が良く、台風も来ていないので、いい米が期待できそうです。稲刈は9月の中ごろから始まるそうです。


武田さんのご自宅で打ち合わせの後、畑でとれたスイカをごちそうになりました。

縁側のある広い部屋で、セミの声を聞きながら夕方の心地よい風にあたっていると、まるで時間が止まったようです。


日帰りということで早々に切り上げるつもりが、のんびり・まったりしてしまいました。

来月のいなか体験ツアーでは、親子でこんな農家に民泊してもらいます。
子供たちにとっても、すばらしい体験になる様、がんばりたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋根が飛んだ!

20050826_1131_000.jpg台風一過、ものすごい暑さの静岡です。
テレビでは市内の街路樹が倒れたりして、夜中は少し心配になりました。

 朝起きて、ウチはだいじょうぶかな・・と家の周りをみていたら、屋根のトタンの一部が飛ばされて駐車場に落ちていました。もともとはがれかけていたようなのですが、この度の台風でトドメをさされました。そう大きなものではないのですが、人や他の物に当ったりしていなくてよかったです。

 というわけで、屋根の上に登って、修理です。眺めはサイコーですが、日差しはきつくヒジョーに暑い現場です。トタンに直接触るとヤケドしそうです。汗をふきふき30分ほどで修理は完了しました。

築ン十年も経つと、あちこち大変です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新米!静岡こしひかり

20050825_1804_000.jpg台風直撃の静岡は、夕方6時現在とっても強い風で、ひさびさに台風らしい(?)台風です。

さて、こんな嵐のなか、平成17年産の静岡コシヒカリがデビューしました。袋井市の生産者の名前でした。
やや青い粒が多いものの、粒の張りぐあいもまずまずでした。

さっそく炊いてごはんにしてみました。つやはまずまずだし、新米らしい香りも。さすがに旨みや粘りは、本場にはかないませんが、

「新米だよ!」

って食卓に出して、家族のみなさんのほころぶ顔が見れることは間違いなしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すずめ避け

20050824_1642_000.jpgお盆休みですっかり気が抜けてしまい、久々の投稿となってしまいました。でもって、書くネタはありすぎるぐらいでした・・・・反省。
 この期間、新米入荷やいろいろと忙しくはあったのですが、コツコツ続けるのが大切だあ! と、心を入れ替えてがんばります。

 さて、お店のバケツ稲もスクスクと成長し、花が咲いて鎌穂(穂がたれて鎌のようになること)となりました。

この、実が熟す以前の状態を大好きな天敵が二つ。

スズメカメムシです。

カメムシは米粒に穴をあけ、中の養分を吸い取り、茶色いお米粒にしてしまいます。

もっとひどいのがスズメです。仲間(家族?)をつれてきて、根こそぎ食べていきます。
見るも無残なバケツ稲を、今までにいくつも見てきました。

防御法も数々取り組んできました。
・使わなくなったCDをぶら下げる
・ペットボトルで風車
・目玉風船

いまのところ、安上がりで効果のあるのがこれ(写真)です。
いらなくなったビデオテープを適当な長さに切り、数十本まとめて結び、
棒からぶらさげるだけです。風になびいて、なんとも不気味な動きをしますが
これにしてから、被害はほとんど受けていません。

まあ、向こうが慣れてしまうまでのイタチごっこかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

かじやさん来店

k今日は当店に、はるか(失礼!)九州からお客様がみえました。米屋業界では有名な「かじや」という名前のお米屋さんです。いただいたチラシの一節には

おいしい”ごはん”が食べたい__ 日本人はお米に対するこだわりを強く持っています。 おいしくて安心、そして作り手の顔が見える、本物の日本米。そんな理想的な日本の米が「かじやのお米」で手に入れることができます。

こんな文章ひとつとっても、米に対する思い入れが伝わってきますね。

「うちでお米を買っている人は、なぜかみんな幸せになる、そんな米屋になりたいです。」

考え方をいろいろ学ばせていただきました。

kt

こんな名刺ひとつとっても、印象的です。

足を怪我されて入る中、ただでさえ動きたくないのに、本当にいろいろありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町内のお祭り

20050806_2023_001.jpg当店のある町内は「宮本町」と言うのですが、そのお宮さんである「神明神社」で、納涼祭が行われました。
 手作りのゲームや福引、ビンゴゲームなど、地味ですが「町内にこんなに子供がいたのか?」とびっくりするくらいの人です。以前は盆踊りなども企画されてましたが、これはこれで小さい子には楽しい催しです。
 今日は土曜日で、近隣の町内どこもお祭りらしく、「隣の町内に負けるな?」と役員のおじいちゃん連中(失礼!)の努力で、かなりの集客があったようです。努力を見習いたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田神代とうもろこし

20050805_1403_000.jpg秋田・神代から、予約限定販売のとうもろこしが届きました。品種は「味来(みらい)」といいます。生でかじれるくらい柔らかく、甘いのが特徴です。スーパーでも最近見かけるようになりましたが、この神代のは違います。みっちり実が入っていて、色もくっきりとした黄色。あとはなんてったって新鮮なこと!皮をむく時のパキパキした感触、ふわっとした香り。おいしいお米ができる産地では、他の作物もおいしくできるということなんでしょうか。
 とうもろこしの見方がかわる、逸品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅南銀座夜店市

20050802_2052_000.jpg静岡の駅南銀座夜店市にいってきました。静岡駅のすぐ南側に南北500mほどの商店街です。昨今、店の空洞化で駐車場が目立つ商店街でしたが、この夜店市はなかなかの人出でした。手作りのダーツや金魚すくいなどのゲームや、イベントも着ぐるみショーなど小学生以下の子供向きの楽しいお祭りです。
 個人的には、もっと大人も楽しめる、お店の特価品販売なんかがあるといいなと思いますが、これはこれで楽しいですね。ぜひぜひがんばってもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »