« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

夏ばて?

20050630_1647_000.jpg昨日は静岡市も全国の最高気温37.8度を記録し、ほんとにうだるような暑さでした。
 そんな暑さに悲鳴をあげたのでしょうか、当店の機械がたてつづけに故障してしまいました
まずは当店の精米機。シーケンサと呼ばれる電子部品がダメになって動かず、丸1日作業ができませんでした。メーカーさんから「雷でも落ちましたか?」などと聞かれましたが、「まったく無いです!」と怒ってしまいました(スミマセン)。
もう1台はフォークリフトのパワステ部分。こちらも突然の症状で、めちゃくちゃ重くなったハンドルを現在両手で汗だくになりながら回しています。おかげで良い筋力トレーニングになりました。
 両者の推定修繕費は合計20万円。梅雨明け前なのに、人間が夏ばてしてしまいそうな一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サワガニ

20050626_1457_000.jpg子供が幼稚園のバザーで、サワガニを買ってきました。1匹30円で4匹プラスおまけ2匹で6匹です。あわてて容器を探し、といあえず金魚鉢にいれたのですが、ネットで育て方を調べると、「なわばりがあるので大きめの容器で飼う事」「エアーを入れること」云々。けっこう手間がかかるのですね。

小さい頃は、捕まえては育てては死んじゃった・・・の繰り返しでしたが、それはそれで良かったのかもしれません。正しい飼い方を知った上で、ダメな環境をほかっておくのはどうも精神上よくないので、どうしようか迷っています。
めだかでさえ、手に余っているのですが、だんだん増えていきそうな我が家の生き物たちでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイター観戦

20050622_1949_000.jpgロッテ社長のお話の後、千葉マリンスタジアムで日ハム戦を観ました。試合前、グランド内へ特別に入らせてもらいました。ダイヤモンドはNGでしたが、人工芝の感触と、バッターボックス近くで記念撮影!。ノリで入ったファンクラブでもらえるユニフォームに、バレンタイン監督のサインをいただきました!3回の裏にはバックスクリーンの大画面に、私たち一同が大写しになるイベントも。場合によっては始球式をさせてもらえることもあるそうです。

一般の人も参加できるこのツアーは大人気で、年内は予約で一杯だそうです

試合は打撃戦となり、ピッチャー交代のたびに間延びしてしまい、ビールとつまみをたくさん頼んでしまいました。
居眠り?するひとも・・・。

でも、観客をあきさせないように、回を重ねるごとに様々な工夫がされていて感心です。

結果は・・負けてしまいましたが、楽しいひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉ロッテ社長 濱本氏

20050622_1340_000.jpg今日は商業界の総会ということで、プロ野球、千葉ロッテマリーンズの集客戦略について、球団社長の濱本氏の講演を聞きました。
社長はもともと官僚でしたが、ロッテの顧問を引き受けた際、大赤字のロッテ球団をまかされたとのこと。「自分は阪急時代からのオリックスファン」というが、仕事はロッテ、趣味はオリックスというのが信条?だそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震でも倒れ米

20050618_1833_000.jpg「地震に強い!」「史上最強の家!」で有名な静岡レスコハウスさんから、展示会で配る景品用のお米のご注文をいただきました。その名も「地震でも倒れ米」

山形産のはえぬきという品種が、稲の背丈が低くて倒れにくいことをもじって、ネーミングは私が考えたのですが、正直採用されるとは思っていませんでした。

お客様に配るとき、笑ってくださる人も結構いて、お米だから要らないという人も無く、人気だそうです。商標登録しようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広報えちご上越

20050616_1947_000.jpgお米の産地から、農協の広報誌を毎月送ってもらっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道米の謎

20050615_1814_000.jpgこのあいだ北海道に行ったこともあり、北海道米に注目して試食をしています。少し甘みが少ない感じがしますが、炊き立てを食べると、つやもあっておいしいごはんで、これを「まずい」という人はいないんじゃないかと思います。まあ、昨年の出来がよかったせいもあるのですが。
で、北海道内で、違う産地の「きらら397」というお米を食べてみました。すると、ぜんぜん違うのです。どちらも値段はほぼ一緒なのですが、やわらかさが違う。
よく見ると、玄米の入った袋に「③」とか「⑤」というハンコが押してあり、これと関係あるかな?と北海道のホクレンさんに聞いてみました。
「これは、集荷の際、整粒歩合(きれいに整ったお米の割合。高いほうが良い)とか、タンパク質の含有量(低いほうが柔らかい)で、独自に6段階に区分けしたものです」とのご返事。

知らなかった!(米屋の常識だったのか?)

見た目がよい、見た目は悪いけど味はよい、見た目も味もよい、といった具合に、用途別に分けていたんですね。
他の県でもやってくれると、目安になっていいんですけれど、北海道以外で、県全体でそうした取り組みは聞いたことがありません。

これからは注意して仕入れるようにしようと思います

| | コメント (5) | トラックバック (0)

米とぎ器

20050613_1850_000.jpg今日、100円ショップにいったら、見つけました!
このあやしき物の名前は「米とぎ」といいます。どうやら、手を水で濡らすことなく、米を研ぐ(洗う?)ことができるというしろものです。これで米と水をかき混ぜ、中身をこぼさずに水切りもできるという画期的なものです。
泡立て器で米を研ぐという話は聞いたことがありますが、これは水切りもできるという点がすばらしい。
材質はABS樹脂で長さは30センチ、幅5センチほど。

「米ぐらい、自分の手で洗えー!!」という気もしますが

「水が冷たくていやだ」(お米はお湯で研いではいけません)
「爪が痛んじゃう」
「手を怪我して、水に触れない」

こんな人にはいいかも。

無洗米だって、一度軽く洗ったほうがおいしくなるし
案外いいかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼稚園でバケツ稲

20050610_0949_000.jpg子供が通っている幼稚園に、バケツ稲のことを話したら、「ぜひやりたい」とのご返事で、今日セットを持っていきました。今では田んぼや畑を借りて、農業体験をする幼稚園や小学校は珍しくなくなりましたが、街中の幼稚園や学校ではなかなか難しいようです。

持って行ったのはバケツ3個分なのですが、「みんなで食べるぐらいできますか」と聞かれ、「うーん・・」とうなってしまいました。
ともあれ豊作を願いますです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大谷の田んぼ

20050609_1116_000.jpg配達の途中、静岡市の大谷という地域にある田んぼをのぞいてきました。写真は田植えしてひと月以上たってるもののようです。田植えして間もないような稲もありました。数年後、このあたりにジャスコの大型店ができるということで、田んぼも少なくなりそうです。
このところの天候不順で、お米もかなりの値上がり、品薄状態です。

豊作=おいしいお米=価格も安い、なんですが
不作=おいしくない=価格も高い、とならないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居酒屋のトイレ

20050606_2149_000.jpg今日は飲み会で、とある居酒屋に寄ったのですが、トイレの手洗い所に使い捨ての歯ブラシ、リステリンを発見!
こんなところに置いて、使う人があるんだろうかという疑問と、置いたお店の意図が、なんだろうという感じでした。あまり使ってないような雰囲気でしたが、最近の流行なんだろうか。
女性用トイレにはよく、こういった小物を置くみたいですが、レストランでなく居酒屋、しかも男性用。

トイレ内にはありがとうございます感謝感謝的なPOPが多数。
以前に、そんな話を講演会で聞いたことがあったなあ、と思い出したり

ということで、いろいろ考えてしまうという店側の作戦にまんまと乗ってしまった私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

品川駅で

20050603_2203_000.jpg品川駅で、最終の新幹線を待ちながら、メールチェックをする米屋の先輩Kさん。なんか最先端ですね。新幹線の中でも、街中でも、パソコンを広げる姿が目立つようになりました。私も1度ホテルに持ち込んだことがありますが、なにせ3kgもあるノートですから、気軽にってわけにはいかないです。モバイル用ほしいですねえ・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

芦別のハーブ田んぼ

asibetuさて、滝川から富良野方面へ向けて1時間ほど走ると、芦別というところに付きます。ここでは「星降る里」として観光PRを行っており、またこだわったお米作りをしているということで、生産者のお宅と田んぼに伺いました。

印象的だったのは、田んぼのあぜみちを歩くと、ほのか~にいい香りがしてくるんです

聞けば、ハーブを植えてあるんだそうな。

雑草が稲の近くにあると、米の害虫カメムシ君の棲家となってしまうのですが、香りの強いハーブにはカメムシが寄り付かないんだそう。
20人以上があぜを歩いたので、そこらじゅうペパーミントとアップルミントの香りがしていました。手間がかかるみたいですが、なんか北海道らしくていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

松尾ジンギスカン

20050603_1159_000.jpg北海道ならジンギスカン!ということで、お昼は北海道の名店、松尾ジンギスカンの滝川本店にてご馳走していただきました。(仕事中なのでビールは無し!)
くせのある味を想像してましたが、案外いけますね!たくさん食べてしまいました。聞けば最近”ジンギスカンブーム”だそうで、焼き方など教わりながらの楽しい食事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深川にて

sishoku道路.jpg北海道に来ました。北海道でこだわりの米を作りたいという産地からの問い合わせがあり、北海道でも米作りの盛んな深川市にやってきました。今まで北海道米は業務用として使われることが多く、牛丼の吉野家さんのように○万トンという取引をされてきたのですが、今後を見据えて、味にこだわった米作りも積極的に進めていきたいとのことでした。
 しかし、北海道の道は広い!人がいない!写真はその後泊まった滝川市の裏通りなんですが、静岡の4車線道路なみです。田舎は何度も見ましたが、北海道はまた違った雰囲気でいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から北海道

明日から1泊2日で北海道に行ってきます。
大学生の時以来、15年ぶりです。
何度も行ったのですが
空港、札幌、スキー場そして季節は冬しか知りません。
寒いから、ダウンジャケットが必要か、なんて真剣に考えてます

もちろん遊びではなく、北海道で、減農薬などこだわりの米を作りたいという
産地から米屋さんへの提案があるそうです。

北海道は、都道府県としては米の生産量日本一です。
しかし、量はとれても品質の評価は低く、売るほうもあまり
チカラが入らなかったのが現状です。

15年ほど前、「きらら397」という品種が脚光をあびてから
少しずつおいしいお米をめざしてきたのですが
残念ながら今でも東北や北陸のお米と違う、下のランクに位置しています。

でも、何か「可能性」みたいなものがあるんじゃないかと思い
行ってみることにしました。
なんといっても、その広大な土地、自由な風土は魅力的です

自分の目で見て、判断してきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »