« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

野田岩のうなぎ

 今日は友人の結婚式で東京でした。
GWと月末と決算の重なったスバらしい日程で、文句ブーブー言いながらもおいしいお酒と料理をいただいてきました。(新郎新婦さんすみません)
 披露宴も終わり、午後6時から恵比寿駅の近くで2次会に突入したのですが、そこの飲み物、食べ物があまりにヒドイので、私のグループから不満の声が。そのグループ内nodaiwa
に、うなぎの名店「野田岩」の六代目がいて、「うな重食いたいー!出前させろー!」ということで、携帯から電話して8人前取り寄せました。
 「5代目野田岩」は東京では超のつく名店です。脂ののったうなぎを想像する方には残念ですが、とてもあっさりしています。タレの味も控えめで、ごはんに合うんです。炭火の香ばしさがひきたち、そのバランスが絶妙です。

でも、正直、フランス料理のフルコースとうな重、飲んだ酒は数知れず・・

胃の重い1日でした。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

たんぼの風景

たんぼの風景当店のある静岡の南部は、戦後はほとんどが田んぼだったそうで、海岸から5kほど離れているのですが、海岸の松並木が見えたこともあるそうです。現在もところどころ、住宅や工場に囲まれた田んぼがちらほらとあったのですが、気がつくと住宅や店舗に変わっていて、みるみるまに田んぼが無くなってしまいました。ほんとにここ数年です。

得意先の近くで、いつも通る道の横にある田んぼが、「そろそろ田植えしてるかな」と思ったら、埋め立てられていました。仕方のないことですが、やはり米が身近でなくなってしまうようで、寂しい気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事故!

尼崎の電車事故、大変なことになりましたね。
1分ほどの遅れを取り戻すため、通常よりスピードを出していた・・と報道されていて、「なんてバカなことを」という意見が多数あります。私もその通りだと思います。

でも、自分で車を運転しているとき、そんなことしょっちゅうありますよね?

遅れそうだ!とスピードを出すのはもちろん黄色信号(やや赤?)で交差点に入ったり、一旦停止をてきとうにやりすごしたり。

もちろん、23歳の若い運転手に、お客様を乗せているという自覚が足りなかったのはもちろんです。弁護するわけではないのですが、自分もそうなる可能性は多々あるな、と。

そんなことを店の朝礼で話した昨日、私の家内が車の追突事故に巻き込まれました。
車3台が停車している後ろから4台目が追突して玉突きでした。
幸い先頭だったので目立った怪我もなかったのですが、事故を起こした運転手は4月からお医者さんになったばかりの方だそうで、なんだか電車事故の運転手とダブってしまいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お米屋さんの雑穀ごはん

「雑穀ブーム」で、いろんな雑穀が売られています。
当店も、あれこれ仕入れたり、買ってきたりしてます。

今日、麦メーカー「はくばく」が主催する勉強会で紹介された新商品がこの
「お米屋さんの雑穀ごはん」です。

名前は、お米屋さんの心をくすぐりますね。
販売したくなります(笑)

同じような商品が、すでに出ているので
何が特徴なの?と聞くと、

「現在、5種類のミックスと、9種類のミックスを販売してますが
もっといろんな種類の入った物がほしいという意見が多く、
これは13種類をブレンドしてます」

数が多いほうが、体に良さそうで・・そんな意味なのでしょうか
量をたくさん摂るのでなく、13種類というのが重要なのか。

16種類の十六茶と言うのがありましたが、どうせやるなら薬草でもなんでも
百種類くらい入れられるもんなら徹底的にやったらどうだ、と思うのですが
ちょっと多いくらいが、ちょうど良い差別化になるのでしょうか
お麦ごはんで十分だと思うんですが・

でも、味はなかなかいけます
これは豆が入ってるのでおいしいですが、毎日3食はちょっとつらいかもしれません
無味のほうが、長く続けられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お米屋さん?!

先日、有名なコンサルタントグループ、船井総研からのDMに、こんな文章がありました

「こんなお店はもういやっ!!」
・なんだか暗くて入りにくい
・入った瞬間「んっ??」におう…
・お店の店員さんは表情ブス!
・いついっても同じ商品
・雰囲気も紙袋もダサい

わたしも「そうだよなー」と思い、古いながらも明るくて入りやすく、掃除の行き届いた店にしようと心がけてきました。

が、昨日、商売をされている知人(男性・40代)の方が当店に来て、いろいろと話をしていただいたのですが、最後にこんなことを言ってました。

「木枠にガラスの扉、薄暗い店内、脇に精米機がうなっていて話もできず、ヌカくさい、こんなのが米屋のイメージで、そんな店のほうが、歴史を感じさせるし、うまい米を売ってそうな気がするねえ。」

はあ、そんな考え方もあるんだなあ、と。

きれいなお店が増えてくれば、その逆に古さを売り物にすることもできる。
「昭和風」が受けてたりするし、時代から取り残されたような店も、存在価値がある
もちろん、少数派かもしれないけれど。

意識してそういうお店にしているんだったら、スバらしいですね
当店はちょっと中途半端ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »