« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

イラストレーター

ここ1ヶ月くらい、アドビ社のイラストレーターというソフトにはまってます・・なんて書くとゲームにはまったパソコンオタクのような感じがしますが、なんのこたない、イラストを描くためのソフトに悪戦苦闘してるんです。仕事でチラシを作るとき、今まではメッツ社のG-CREWというソフトを使っていました。説明書を見なくてもある程度操作ができますし、値段の安い割りにいいソフトだと思います。別に不満があったわけではなく、また同じソフトを5年も使っていると(バージョンアップしてますが)なかなか他のソフトに移る勇気が出ないんです・・。
でも、データとして印刷に出す時には、このソフトしか扱ってもらえないという事実を聞かされ、とうとう重い腰を上げました。「業界標準」というのは強いですね。
このソフトも半年以上前に入手したのですが、分かりづらいのなんのって。解説本を2冊買って、練習に1枚チラシを作ってますが、ただただ時間が過ぎてきます。用語も複雑、似てるようですこしづつ違う機能、まさにプロによるプロのためのソフトだと、ハードルの高い存在です。思ったような操作ができるまでにまだ時間がかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市議会選挙におもうこと

20050329_0935_000.jpg日曜日に行われた静岡市議会選挙。当店のある駿河区の議員さん15名が確定しました。15名の年齢を見ると、30代2名、40代0名、50代4名、60代以上が9名という状況は、あまり良いとは思えないですね。投票率の悪さもあるのでしょうが、政策うんぬんというより、「近所の人だから」的な投票が多いんでしょうねえ。選挙に関心がある人とそうでない人の温度差を感じてしまいます。
でも、4月から新市がスタートしますので、ぜひがんばってもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ごはんの友

20050325_1831_000.jpgごはんの友っていっても小麦や雑穀ではありません。ごはんをたくさん食べるために作られた食べ物をこう呼ぶのです(本当かな?)。

「これさえあれば、3回ぐらいおかわりできるね。」っていう食べ物。以前、マンガ「美味しんぼ」なんかでも取り上げられましたが、けっこう奥が深い世界です。ふりかけや、みそ、漬物、地域や家庭によってもいろいろです。私も学生の頃は、ホテイの焼き鳥缶詰で3杯は食べてました。(特につけ汁)

「ごはん食べ過ぎたら太っちゃう!」なんて一口くらいしかごはんを食べない人には、まったく無縁のものです

考えようによっては、お米屋さんの秘密兵器みたいなものかもしれません。

で、このたび「和穀の会」からいくつか取り寄せてみました。感想をそれぞれ。

「野沢菜の油炒め」
ちょいとピリ辛ですが、うまみもぐぐっときて、いけますね。おにぎりの具にもいけそうです。

「ねぎ味噌」
炒めて甘みを増したネギと、信州味噌のしょっぱみのハーモニーです。ごはんにも合うのですが、野菜につけたり、焼きおにぎりに塗ったりしたらいいかもしれない・・と、想像力をかきたてられました

「ふき味噌」
ふきのとうのほんのり苦味と、甘口味噌の春らしい味がいいですね。昔、スキー民宿でそこのばあちゃんが作ったのを食べた思い出があります。

「せりこんぶ」
春の野草のせりと細切りにしたこんぶの醤油と味噌であえたものです。ちょっとしょっぱめですね。

また、いろいろ探してみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大麦と野菜のホットケーキミックス

20050322_1812_000.jpgこどものおやつって、お菓子やパンもいいけれど、「お母さんが作ってくれたおやつ」ってなんだかイイですよね。麦メーカーはくばくさんの「大麦と野菜のホットケーキミックス」を仕入れてみました。かぼちゃが入っててちょっと黄色っぽく、ふんわりとして素朴な味わいです。香料、着色料が入ってないので、おやつに最適!お豆と雑穀の入ったものもありますが、こちらももっちりした食感でオススメです。小さい頃は、バターと蜂蜜をたっぷり付けて食べるとシアワセな気分になってましたが、何も付けなくても牛乳があれば、結構食べてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MLミニオフ会IN新宿

minioff東京で開かれたお米屋さんの講習会のあと、MLの仲間でミニオフ会として集まりました。ほんとに”熱い”米屋さんの集まりで、圧倒されてしまいます。
お父さんとの意見の違いから、一時的に米屋から離れているUさん(20代)と色々話をさせていただきました。いつか復帰することを考え、現在家から給料をもらってないのに配達や仕入れを手伝っているとのこと。後継者がいなくて苦労している米屋さんが多い中、こんなやる気にあふれる人もいるんだと、なんだか感動してしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

しずおか「こだわりの米!」

kodawari地元静岡のお米を見直そう!というしずおか「こだわりの米!」サポーターズクラブの第1回情報交換会を見てきました。静岡県内でかわった米作りをしている3名の米生産者の紹介やお米の試食、お米関連商品の試食など。一般の人もいれば私のような米屋、マスコミなど約60名ほどいたでしょうか。「地産地消」ブームのなかで、静岡近郊にもがんばってる農家があるんですね。豪華賞品が当る抽選会も開かれ、見事?お米2k当りました。(実は参加賞)。地元が良いとかでなく、農業を身近に感じてもらうには良いイベントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

配達!

20050310_1604_000.jpg今日、3歳の息子を軽トラの助手席に乗せて、配達に行きました。普段は後部座席のチャイルドシートなので、見晴らしがいい軽トラの助手席は、気に入っているようです。2軒ほど配達したのですが、行くと「よくきたねー」といわれて、お菓子などをゲットしてきます。なんだか悪いような気がしてしまうのですが、本人はいたって上機嫌で、「配達いこうか」と誘われます。まあ、自分も同じように、小さい頃配達に付いていってはお菓子をもらっていたのを思い出し、あんまし怒ることもできないでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

看板です その2

misekanbanootaki.jpg先日いただいた、新潟三和村の立派な看板ですが、取り付けるのがひと苦労です。やっつけ作業で付けてしまいましたが、他のお店も見せてもらうと、けっこう格好良く掛かってます。片山米店さんはライティングにも凝って、風格を感じさせますし、今日伺った大滝米店さんは、店頭にイーゼルでバーンと出してました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雪だるまくん 2

昨日届いた雪だるまくん。今日も元気に子供と遊んでいたら・・な、なんと、お腹のなかからアイスクリームが!。よ~く見ると、送り状に「アイス入り」と書いてある・・。「アイス」=雪だと思っていた私はすっかり雪だけ送ってもらったと勘違いしてました。アイスはちょっと食べられない状態・・。残念でした。フタの裏にでも「雪の中にアイスクリームが入ってます」って書いてくれればよかったのに、といっても後のまつりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪だるまくん

yuki2yuki1先日ご来店いただいた、新潟県三和の松岡さんから、なんと雪だるまが届きました。全国的に今年は雪なんて珍しくないのですが、静岡はほんと雪とは縁がなく、風花が舞っただけで「雪だ!」と喜ぶところです。かわいらしい雪だるまの発泡スチロール容器の中には、ぎっちりと雪が!3歳の息子も、長靴にゴーグルといういでたちで、しばし雪とたわむれました。雪で苦労している雪国の人たちには理解していただけないでしょうねえ。ほんとステキな贈り物でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

看板です

kanban新潟県三和村より、看板をいただきました。三和村は今年の1月1日で上越市と合併されたため、村のお米を取り扱う米屋さんにぜひ看板を、ということになり、当店店頭でいただきました。村にあった杉の木で作った立派な看板で、早速店内に飾らせていただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

おらんち米が一番うまい?!

kenshu新潟県三和から、当店に3名の生産者の方が研修に見えました。お米を精米、袋詰めする様子や他の産地のお米を見たり、試食をしてもらいました。お米農家は、よそのお米を食べる機会がほんとに少ないそうなんです。「おらんち米が一番うまい!」なんて言っている人に限って、よそのお米を食べてない人が多い?ようです(あくまで想像ですが・・・米屋も割とそうなんです)。三和のお米はもちろん日本一だと信じていますが・・。来ていただいた3名に、いろんなお米を無理やり持って行ってもらいおうと思ってたら、「みうらさん、試しにこれとこれ、買ってくよ」。なんと勉強熱心な生産者の方たちだろう!と感激してしまいました。あれやこれや他にもサンプルを渡しましたが、迷惑だったかなあ。自分も「食べる」ことにかかわっている以上、いろんなものにチャレンジする気持ちを持ち続けたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟三和の方たちと

shugou当店の契約産地、新潟県三和の方々総勢20余名が静岡にみえました。夜にはおいしいお酒を飲みながらの交流会が行われ、稲作りのことなど様々な話題で盛り上がりました。今年の新潟は10数年ぶりの大雪だそうで、晴れ渡った静岡に来て、まるでハワイかどこかの南国にいるようだ!と言っていました。毎朝5時に起きて、雪かきの日々・・。ほんと雪国の苦労は、静岡に住んでいると想像もつきませんが、おいしいお米は厳しい自然の中で育つんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »